マンション詳細情報(周辺情報)

  • 周辺情報
  • マンション概要

マンションの地盤について

明治20年までさかのぼり調査いたしましたが、下の地図より池や川などの軟弱な地盤ではありませんでした。注意していただきたいのは意外にも池や川を埋め立てて造成した土地が多いことです。

明治20年から現在に至るまでの周辺地図

写真:明治20年から現在に至るまでの周辺地図


それと共に、雨による浸水も考えなければなりません。当マンションでは浸水したことはありませんが、矢田駅周辺は低地になっており大雨により度々浸水していました。見学の際に見ていただければわかるのですが、管理会社のオオサカ開発さんの店舗を境に土地が上がっているので度々そこを境に駅側が浸水しておりました。大和川周辺は大雨の時は注意が必要です。

※各河川が氾濫したときの予想図はこちらからご確認下さい大阪市HP:東住吉区(津波・水害)ページ

災害は身近なものです。当マンションに関係あるなしにかかわらず学生・社会生活にお役立てください。

マンション周辺の治安状況

担当の東住吉警察署から2013年1月からのひったくり・路上強盗・子供被害情報・侵入盗・車上狙い等の発生場所が掲載されています。大阪府警察:犯罪発生マップページ

これによると、矢田駅から当マンションに続く一本道は防犯カメラが設置されている為と高校・大学などの通学に使われている為などにより比較的犯罪件数は少ないようです。個人で防犯カメラを付けられている商店もあります。昔は、矢田は治安の悪いイメージだったのですが、最近は行政からの補助により防犯灯や防犯カメラの導入により、当マンション周辺は針中野駅周辺に比べても治安は安定しているようです(一人の人間として注意は必要です)。ただ、矢田駅からマンションの反対側の大和川までのエリアは発生しやすいようです。
何処でも言える話ですが、夜の遅い時間帯の一人歩きなどはご注意下さい。